一眼レフカメラの使い方講座DVDで学んだ結果・・・

「一眼レフカメラの性能の数パーセントしか使いこなせていないのでは?」と思うことがあります。

 

一眼レフカメラを持っている多くの方が感じていることです。

 

これから一眼レフを買おうと思っている人は、使いこなせるかなという不安があるのではないでしょうか。

 

 

しかし、一歩ふみ出して、カッコイイ写真が撮れるようになり、初心者を卒業したいですよね。

 

 

そこでこのページでは、これらの思いや不安を解消してくれる「一眼レフカメラの使い方講座DVD」をご紹介しています。

 

詳しい講座の内容は後半で書いていますが、すぐに確認したい方はこちらです。

 

>>>一眼レフカメラ上達講座の公式サイトへ

 

 

 

 

一眼レフカメラの使い方をマスターするには・・・

一眼レフの使い方・撮り方を学びたい、上達したいなら、カメラの教室に通って直接講師に教わるのが近道です。

 

ただ、「この風景はこの設定で、構図はこうで・・・」といったように、一つの方法でしか教えない講師の元では上達しません。

 

これでは、表現方法が小さくまとまってしまいます。

 

 

そうではなく、例えば、「絞り値(F値)をF1.4にするとこうなり、F8にするとこうなり、F22・・・」といった教わり方をすると上達します。

 

 

一眼レフカメラの上級者と初心者の違いは、F値、シャッター速度、焦点距離などの組み合わせによって、どのような写真が撮れるかを知っている(イメージできる)かだけです。

 

つまり、写真の上手、下手はセンスの問題ではありません

 

 

一眼レフカメラの上級者は、「写真をたくさん撮りなさい!」と言います。

 

こらは、ただやみくもに撮れという意味ではありません。

 

設定・組み合わせをいろいろ変えた写真をたくさん撮れという意味です。

 

できれば設定(例:F1.8/シャッター速度1/30秒)のメモをとりながら。

 

 

一眼レフカメラの上級者に、この写真の撮り方や設定を教えてほしいと言ってもなかなか教えてくれません。

 

それは、設定を変えながら写真をたくさん撮って見つけた、自分だけの秘密だからです。

 

プロとなると、生活にかかわるので、絶対に教えてくれません。

 

 

しかし、一眼レフカメラの使い方講座DVDの中で講師をしている高橋先生は、「撮影テクニック=秘密」をおしげもなく教えています。

 

プロの写真家が教える一眼レフカメラ講座 人物撮影編ダイジェスト版

(音声とBGMが流れます。)

 

 

一眼レフカメラ上達講座の公式サイトにリンクしております。

↓ ↓ こちら ↓ ↓

 

 

一眼レフカメラ講座について

一眼レフカメラの上級者と初心者の違い、プロとアマの違いは・・・

 

・状況に合わせたカメラの設定ができる=撮り方のコツを知っている。

 

・“最高の瞬間を撮り逃がさないためのテクニック”を知っている。

 

これだけです!センスは必要ありません。

 

難しい専門用語も必要ありません。

 

 

一眼レフの使い方やテクニックが学べる講座DVDは、3つの構成になっています。

 

それぞれテキストが付いています。

 

 

 

第1弾 人物撮影編

文字通り、人物を上手に撮る方法がマスターできます。

 

旅先での素敵な思いで、大切な人を写真におさめたい。

 

そんな時に、喜ばれる写真を撮る、満足のいく写真を撮るためにはどうすればいいかを学びます。

 

実際に外に出て写真を撮っていますので、イメージがしやすいです。

 

同じ場所にいても、他の人とは違う写真を撮るための一歩です。


 

 

第2弾 風景撮影編

「どうすれば伝えたいものが伝わる写真になるのか。」その構図やカメラ設定といったより具体的なことがマスターできます。

 

晴れ、曇り、天候が悪い日などのカメラ設定や機材の選び方が学べます。

 

例えば、曇り空のときにはホワイトバランスを「曇り」に設定するのがセオリーです。

 

しかし、セオリーどおりに設定すると、曇り空特有の青い空をカメラが赤黄色く補正します。

 

これをあえて「晴天」の設定で撮ると、曇り空特有の青い空がそのまま写るといったことなどのテクニックが満載されています。


 

 

第3弾 物・花撮影編

第3弾では、身近にある小物や普段手にとるものを、見る人の目が思わずとまってしまう写真に仕上げる方法が解説されています。

 

例えば、ウイスキーの入ったグラスを撮るにしても、どんな人で何歳くらいの人が使うのか、どんな気持ちでウイスキーを飲むのかなどを想像すると、グラスの背景、光の角度、構図などが決まるというプロならではのテクニックが学べます。


 

 

おおまかにご紹介しましたが、DVDと合わせてテキストを読むと、一眼レフの使い方を完全にマスターできます。

 

1弾、2弾、3弾と順に、「見て」、「知って」、「撮る」、これだけで自分だけでなく、他の人も感動させる写真が撮れるようになれます!

 

 

一眼レフの使い方をマスターして、他人を感動させる写真を撮るには・・・

 

↓ ↓  ↓ ↓

 

 

一眼レフカメラの使い方講座DVD Q&A

それで価格はいくらなの?

 

第1弾、第2弾、第3弾の全セット価格:29,800円(税別) 送料:無料
公式サイトをご覧になるタイミングによっては、期間限定無料特典プレゼントキャンペーンをやっている場合があります。

 

 

1講座1万円は高いの?安いの?

 

高橋先生の1回のセミナー参加費は6,000円です。これだけでもとても良心的ですね。
DVDは35のレッスンに分かれていますので、仮に1レッスン6,000円とすると・・・

 

6,000円×35=210,000円になります。

 

なので、この講座は格安の料金です!

 

 

一眼レフはデジタルでないとだめなの?

 

解説はすべてデジタル一眼レフでおこなわれています。
しかし、フィルムの一眼レフでも十分参考になる内容です。

 

また、ミラーレスやデジカメでも、設定方法は違いますがテクニックが学べます。

 

 

カメラのメーカーが違うと設定も違うのでは?
DVDでは、ニコンのデジタル一眼レフを使って解説していますが、キャノンのカメラ用の動画解説ページも用意されています。

 

その他のメーカーでも、「設定を合わせて撮る」という最終的な部分は同じですので安心してください。

 

 

風景撮影編だけ購入したいのですが?

 

風景撮影編だけの単体販売はされていません。
第1弾の基礎から順に第2弾、第3弾と学べば、プロ並みの写真が撮れるという構成になっています。

 

 

高橋先生ってどんな人?

 

高崎 勉

雑誌、ポスターなどの広告撮影の第一線で活躍する傍ら、自主作品の制作&発表を行う。また数多くの写真家を輩出し、ポートフォリオレビューを通じて国内外の写真家の作品講評、プロデュースも行う。
「第65回毎日広告デザイン賞・発言広告の部 最高賞」他、受賞多数。
Art Box International「現代日本の写真 Vol.7」、
エフエム美術研究所「世界芸術家辞典」等、掲載誌多数。

 

 

一眼レフカメラ上達講座の口コミ

今まで雑誌や本で勉強していましたが、今ひとつ理解できませんでした。でもこの講座は初心者同様の私でも理解できるすばらしい講座です。たとえ話はとても分かりやすいです。これまで漫然と撮っていましたが、少しずつ筍の皮が剥ける様に分かりつつあり、休日に写真を撮る楽しみが出来ました。(65歳/男性)

 

写真同好会の仲間からは、とにかく撮りなさいといつも言われていました。カメラの設定を知りたいのに・・・。でもこの講座のおかげで、設定を知りたい知りたい症候群から抜け出せそうです。今では自然とカメラの設定ができていて、イメージどおりの写真がなんとか撮れるようになったと思います。(女性)

 

本当に勉強になることばかりで、購入して本当に良かったなぁと思っています。 そして、購入したあともメールでのカメラ講座は本当に毎回とても楽しみにしています。教材をどんと送りつけるだけでなく、メールでフォローしていただけるとは思っていませんでした。それを考えるとこの講座は安いです。(58歳/男性)

 

絞りとシャッタースピードが良く分からなかったのですが、先生の説明でなんとなく分かりました。もっと撮らないとはっきりは分からないのかもしれません。今教材を何度も見返しています。(女性)

 

 

一眼レフ上達講座DVDを購入した方の口コミをさらに見るには・・・

↓ ↓ こちら ↓ ↓

 

 

page top